クレダスの記入例

*

クレダスの記入例

Sponsored Link

再生資源利用促進計画書及び実施書の入力システムであるクレダスの記入例を解説します。

まずは工事概要ですが、この部分は契約内容に沿って順に入力しましょう。
注意点は、工事種類ですね。稀に指定してくる担当者もいるので事前確認が最良です。
解体工事の場合は、建築面積などの記入もお忘れなく。

次に、利用計画資材です。
基本的に細かい資材については未記入で提出していますが、未だ指摘は受けたことがありません。
ですが、特定建設資材については全ての使用材料を必ず記入するようにしています。
1ページにつき2項目しか入らないので、数枚になるのが大半ですね。
特に再生資材については正確に記入するようにしましょう。

最後に副産物搬出計画。
クレダスのメインといっても過言ではありませんね。
ここも特定建設資材の欄は細かく正確に記入します。
実施書の工事概要には産廃に要する費用も必要になりますので、より正確に。

特に建設発生土は4種類ありますので、種類を間違えないようにしてください。
以上、クレダスの記入例について書いてみました。